iPhoneを使った簡単な練習ノートの作り方

太鼓に使えるiPhoneアプリを紹介するシリーズです。

今回は、太鼓の練習ノートの作成・管理に役立つ「えばろぐ」とEvernoteを紹介します。

音楽でもスポーツでも、技能上達の速い人は、練習ノートを作成して自分の記録を残しています。

練習ノートに記録する内容は、人それぞれあると思いますが、私は以下の3つが必要と思っています。

  • 練習メニュー/練習項目
  • 練習メニュー毎の結果
  • 気づきや感想

上達のコツは、練習を日課にすること、そのためにこれは必ずやるという固定の練習メニューを作ることだからです。

練習メニューを作成し、練習結果を記録し、記録を振替ってメニューを改善していきます。

PDCAサイクルですね。

PDCAサイクルについては、この記事を参照して下さい。

練習の準備ではCAPを行うべし(参照記事)

練習メニューを作って、記録して、振返るという重要性はわかるけど、何か面倒くさいですよね。

それを簡単にできるようにするのが、えばろぐとEvernoteの組合せなのです。

■えばろぐ

えばろぐは、Evernoteへノートを記録するアプリですが、事前に作成したテンプレートにそって記録を取るところが特徴です。

今回の太鼓練習に使えるアプリ紹介シリーズの中で、一番おススメしたいアプリが「えばろぐ」です。

が、しかし、AppStore では既に配信されていないようです。

(かなり残念。再配信を期待しています)

アプリへのリンクが貼れないので、Applivさんの紹介記事のリンクを貼っておきます。

えばろぐ – Log for Evernote(AppLivさんの紹介記事)

 

■Evernote

Evernote

Evernote
開発元:Evernote
無料
posted with アプリーチ

みなさんご存知のEvernoteです。

Evernoteを使って、えばろぐで残した練習記録を参照したり編集したりします。

上のアイコンはEvernoteの標準アプリですが、これ以外にも使いやすい様々なアプリが世の中にあります。

好みのアプリを使えばよいかと思います。

使い方も簡単ですし、ネットに使い方の記事がたくさんあります。

 

■えばろぐで練習メニューと記録を取る

えばろぐは、Evernoteへノートを記録するアプリですが、事前に作成したテンプレートにそって記録を取るところが特徴です。

例えば、今週やる練習メニューをテンプレートとして登録しておき、練習のときに呼び出して、それに沿って練習のしつつ、結果を記録するという使い方をします。

 

↓私のある週のテンプレートはこんな感じです。

練習のテンプレートを書いたえばログの画面サンプル

えばログの画面~練習のテンプレート

 

 

記録は、送信ボタンを押すことでEvernoteに保管されます。

 

↓Evernoteに保管されたノートは以下のような感じになります。

練習ノートのサンプル(Evernoteの画面)

練習ノートのサンプル(Evernoteの画面)

 

 

このノートを練習前や通勤電車の中などで見て、振返りをします。

必要であれば、メニューの改善=えばろぐのテンプレートの修正をします。

えばろぐ、Evernoteの組合せで、練習のPDCAサイクルを回しています。

■まとめ

普通のサラリーマンである私にとって、今日何やったのかって、次の日には、忘れてるんですよね。

実際、昨日の昼、何食べたかを思い出すのも難しいときもある。

当然、昨日の各練習メニューがどのテンポでやったのか、なんて覚えておけません。

だから、記録するんです。

記録するのは面倒くさいので、なるべく手数を減らす方法を日々考えています

私にとって、現時点のベストソリューションがえばろぐとEvernoteの組合せです。

以上、Evernoteで練習ノートを簡単につくる方法でした。

これ、強靭!無敵!最強!

おススメ記事

和太鼓を始めたばかりならぜひこちらもご覧ください。