高速ステップ入力で休符を入力

finaleで「高速ステップ入力」を使って休符を入力する方法です。

以下のような譜例を入力してみます。

休符の例題

休符は「Backspace」キー

音符は、割り当てられた数字キーを打つことで入力しましたが、休符はいったん同じ音価の音符を入力して、それを「Backspace」キーを使って休符に変換することで入力できます。

 

まず、「5、4」と打って音符を入力します。

「4」を打った後に「Backspace」を打つと、八分音符が八分休符に変更されました。

そのまま続けて音符を入力(「4、5、5」と打つ)と、以下のように譜例が完成です。

 

既に入力済の音符を休符に変更する

1小節の中にすでに音符が入力済となっていて、あらためて休符に変更する場合があります。

上の2つ目の音符(八分音符)を休符してみましょう。

 

高速ステップ入力にして、該当の八分音符のところに挿入バーを移動します。

そこで「Backspace」を押せば、八分休符に変更されました。

 

まとめ

高速ステップ入力を使って、休符を入力する方法を紹介しました。