高速ステップ入力でタイを入力

finaleで「高速ステップ入力」を使って「タイ」を入力する方法です。

以下のような譜例を入力してみます。

タイを入力する譜例

 

タイは「T」キー

タイは、タイを付ける最初の音符のところで「T」キーを打つことで付与でします。

 

まず、タイを付ける最初の音符まで入力し、そこで「T」キーを打ちます。

タイを付けたい最初の音符でTを押す

 

「T」を打つと、音符の後ろにタイが表示されました。

音符の後ろにタイが表示された

 

そのまま続けて音符を入力すると、以下のように譜例が完成です。

タイの完成形

 

既に入力済の音符へのタイの追加、削除

すでに入力済の音符に、あとからタイを付与したらい、削除したりする場合があります。

タイを付ける最初の音符のところで、Tキーを押すとタイが付与されます。

また、タイが付いている最初の音符のところでTキーを押せば、タイが消えます。

 

まとめ

高速ステップ入力を使って、「タイ」を入力する方法を紹介しました。

和太鼓は、笛や歌なのどのように音を伸ばすことはないので、タイでも休符でも機械的な音としては同じですが、口唱歌を考えるとタイを使って出したい音を表現した方がよいと思います。