和太鼓ビギナーのための個人練習7つ道具、強靭、無敵、最強な組合せ

全国の和太鼓Loverのみなさん。個人練習してますか?

私が個人練習で使っている7つ道具を紹介します。

この写真の5つと、iphoneアプリ2つで計7個の道具たちです。

  1. 練習パッド
  2. スティック
  3. メトロノーム
  4. 楽タイマー(iPhoneアプリ)
  5. えばろぐ(iPhoneアプリ)
  6. 時計
  7. 100円ノート

尚、私は通勤途中の公園で練習してますので、自宅で練習する人とは違うかもしれません。参考にならなかったらスミマソン。

それでは行ってみようか!

1. 練習パッド

必須。

リバウンドがしっかりして、固めの音がするものが良い。

私が愛用している練習パッドはHQ PERCUSSIONという会社の「REALFEEL」という製品です。

練習パッドの選び方は以下の記事を参照。

和太鼓にドラム用練習パッドを使う|練習パッドを選ぶ3つのポイント | 太鼓エンジン

2. スティック

必須。

太鼓のバチでも良いのだが、打った時の音が大きいのと、練習パッドが壊れそう。

私は、手の内の感覚を鍛えたいので、ドラムスティックを使ってます。

(写真は掲載してません。)

3. メトロノーム

必須。

私にとって個人練習の最大の目的はリズム感の向上(週1回のチーム練習は個人練習成果の発揮の場。)

持ち運びしやすい電子メトロノームがおススメ。私はBoss のDB-30をずっと愛用しています。

4. 楽タイマー(iPhoneのアプリ)

必須。

練習メニューを効率的にこなすコツは、タイマーで時間を区切って練習すること。

楽タイマーの詳細な説明は以下の記事を参照。

【iPhone×太鼓上達】楽タイマーを使って効率よく練習メニューをこなす | 太鼓エンジン

5. 練習ノート(iPhoneのアプリ)

必須。

練習メニューと練習メモを残すため。

練習したテンポ(bpm)、それを何分したか、気づきを記録。

えばログの詳細な説明は以下の記事を参照。

【iPhoneで太鼓が上達】簡単な練習ノートの作り方 | 太鼓エンジン

6. 時計

あった方が良い。

通勤途中なので、練習に熱中して時間を超過しないため。

腕時計をパッドの前に置いている。

7.100円ノート

あった方が良い。

新しい練習メニューや課題曲を参照するため。

公園だと置き場所が少ないので、小さくて場所を取らない100円ノートがちょうど良い。

まとめ

7つ道具とは、基本装備一式のこと。

この7つの道具は、いつもカバンに入れています。

これがあると、ある程度の広さのある場所なら、どこでもいつでも個人練習ができます。

私にとっては、最強の7つ道具なのです。

強靭!無敵!最強!

おススメ記事

和太鼓を始めたばかりならぜひこちらもご覧ください。