和太鼓ビギナー向け、楽曲をちゃんと覚える方法


和太鼓ビギナーのみなさん。新しく楽曲を覚えるは大変ですか?

新曲を覚えるには、週に1回か2回のチーム練習だけでは時間が足りません。どうしても、自宅での個人練習が必要になります。とは言え、なかなか自宅練習の時間もとれず、また継続も難しいのも現実。

ということで、私がやっている楽曲を効率的に覚える方法を紹介します。

楽曲を覚える順序

楽曲を覚えるには順序があります。以下の4つに分けて考えています。

  1. 口唱歌できるようになる。
  2. 手順を覚える
  3. 飾りとなる振りを覚える(バチ回しなど)
  4. 編成や人の移動を覚える

口唱歌できるようになる。

まず、口唱歌できるようになることが最優先です。

歌えれば必ず叩ける、歌えなければ叩けない。

口唱歌を覚えるときは、さらに2つのステップに分けると良いです。

  1. リズムを覚える。
  2. 表現(アクセントやダイナミクス)を覚える。

まず、平坦に「 ドンドコドコンコ 」っという感じてでリズムを歌って覚えます。音のタイミングを理解することに集中します。

次にアクセントやフチ打ちなど、音の表現や音色を加えて歌って覚えます。

一通り、口唱歌を覚えたら、インテンポで歌えるようにします。

メトロノームに合わせたり、自分で手拍子(8分音符で膝を手で叩くなど)したりしましょう。

尚、いろんな譜面を読む経験を積むと、このステップは短時間で終わるようになりますよ。

手順を覚える

ここが一番時間を要するところです。

まずは手順表を見ながら、膝打ちなどで手順を確認しましょう。

ここも、①リズム、②表現(アクセント等)の順番で覚えると良いです。

また、難しい手順は、小さく分解して、簡単な小ピースごとに練習し、徐々につなぎ合わせていきましょう。

だいたい手順を覚えたら、メトロノームに合わせてインテンポで叩く練習をします。

ここまできたら、ほとんど暗譜できていると思います。

飾りとなる振りを覚える(バチ回しなど)

手順を暗記できたら、見せるための表現を覚えます。

例えば、以下のような技です。

  • バチ回し
  • 意識的にバチを上げる、止める
  • 太鼓から太鼓への移動
  • エンディングのポーズ

これらは、実際にバチをもって体を動かして練習します。

4、編成や人の移動を覚える

最後に、チームで合奏する場合の編成や人の移動を覚えます。

どこに太鼓を配置してるか、自分はどこで叩くか、楽曲中に移動する場合はそのタイミング、などですね。

これは、全体練習でないとできないものが多いですが、自宅で頭の中でシミュレーションしておくことが大事です。

曲のどの部分から覚えるか?

まずは、全体感を掴むために曲の最初から最後までサッと通してみます。引っかかるところが合っても良いので最後まで見ましょう。

そのとき引っかかるフレーズを抽出し、その後はそこを繰返し練習します。

  1. 口唱歌で全体をサッと通し、引っかかるところを口唱歌で繰り返す。
  2. 手順を入れて全体をサッと通し、引っかかるところの手順を繰り返し練習する。

練習のときに、いつも曲の始めからやっていると、曲の始めばかり上手になって、後半はサッパリってことになりますよ。

必ず全体を俯瞰しながら、ポイントをしぼって練習しましょう。

目的意識を持って短時間の練習を継続すること

自宅練習は短い時間でもいいので、毎日やると効果が高いです。

が、短時間で効果を上げるには、工夫が必要です。

  1. 曲のポイントになるフレーズを抽出、一覧化。
  2. それらをやる時間を決める(自分の時間割から天引きする)。

例えば、ある楽曲の難しいフレーズがあるなら、

月~水は難しいフレーズの繰り返し練習、木金は楽曲全体の練習として、通勤電車の10分間は、必ずこの練習をする、

みたいな計画を立てて実行します。

これを継続するには、それを楽しいと思うようにすること、プラス思考でいることが大事ですね。

義務と思うと続かなくなります。

まとめ

結果ではなく、練習をしているということ自体を楽しむことが大切です。

自戒の念をこめて。

「時間が無い」は言い訳。  誰への言い訳か?   自分への言い訳だ。

おススメ記事

和太鼓を始めたばかりならぜひこちらもご覧ください。