音符を構成する3つのパーツと音の長さ

音符とは、音の長さを表す記号です。

音の長さは、音符を構成する3つのパーツ(玉、棒、旗)の組合せで表現します。

和太鼓で必要な5つの音符がどのようなパーツの組合せになっているかを整理しました。

玉、棒、旗

音符を構成する3つのパーツ

音符は、「玉」、「棒」、「旗」の3つのパーツからできています。各パーツにはさらに表現方法でいくつかのパターンがあります。

略称 正式名称(英名) 取りうるパターン
符頭(note head) 白玉、黒玉
符幹(stem) 棒の有無
符尾(flag) 旗の枚数

和太鼓の5つの音符を構成するパーツ

音符 読み方
全音符 全音符 白玉 なし なし
2分音符 2分音符 白玉 有り なし
4分音符 4分音符 黒玉 有り なし
8分音符 8分音符 黒玉 有り 1枚
16分音符 16分音符 黒玉 有り 2枚

まとめ

音符の理解は、楽譜と友達になる第一歩。

玉と棒と旗の組合せで音の長さを表現する道具が音符ということを覚えておきましょう。

おススメ記事

和太鼓を始めたばかりならぜひこちらもご覧ください。